耐性菌に注意を | 抗菌シプロックスで様々な病気を治療しよう

耐性菌に注意を

「耐性菌に注意を」の画像イメージです。

シプロックスのような抗菌剤や抗生物質を病院で処方してもらったことがある……という人は、医師から絶対に言われたことがある言葉があります。
それは何かというと、この薬は症状が落ち着いても絶対に全て飲みきって下さい……という言葉です。
病院などで処方してもらった薬というのは、処方してもらった分を全て飲み切ることによって身体の中に潜伏している病気の菌を全て駆除することが出来たり、ダメージを受けた部位を回復させることができるように処方量が調節されているので、処方された分は全て服用する必要があるのです。
しかし、人によっては症状が落ち着いたからと言って勝手に飲むのをやめてしまう人もいるのです。
そして、そのような自己判断による投薬の終了というのは、一般的な風邪薬や炎症のダメージを抑える医薬品の場合であれば、特に問題ないといえば問題はありません。
ですが、抗生物質や抗菌剤の場合、そのような自己判断による服用の終了は絶対に行っては行けないのです。

その理由として、耐性菌というものの存在があります。
この耐性菌というのは、治療する際に使用している抗生物質や抗菌剤に対しての体制を持った菌の事です。
菌というのは生きているので、外部からの刺激が加わると、その刺激から身を守る為に身体を作り変えていきます。
その過程で、抗生物質や抗菌剤による駆除から身を守るために、抗菌剤や抗生物質が効かない菌へと進化することがあるのです。

そのような菌が生まれてしまった場合、幾ら治療をしたいと思っていても薬が効かないので治療ができなくなってしまったり、別の治療薬に切り替えて治療を行う必要が出てきてしまうのです。
なので、抗生物質や抗菌剤を病院で処方してもらう際には必ず全て飲み切るように言われるのです。